医療脱毛・光脱毛にリスクってあるの?自己処理の肌トラブルは脱毛で解決!

「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」の数が増えたり、お得なキャンペーンがあったり、脱毛はより気軽にできるようになってきました。

とはいえ、医療脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛をしたことがない方には、不安に感じることもあるのではないでしょうか。

この記事では、脱毛の「リスク」「リスクの回避方法」「自己処理での肌トラブル」について解説します。

4つの脱毛方法&それぞれの肌トラブルのリスクは?

4つの脱毛方法&それぞれの肌トラブルのリスクは?

脱毛には、主に4つの方法があります。

4つの脱毛方法

  1. 医療レーザー脱毛(医療脱毛)
    →医療脱毛クリニックで行われる
  2. 光脱毛
    →脱毛サロンで行われる
  3. 電気脱毛
    →「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」で行われる
  4. 自己処理
    →「毛抜き」「脱毛ワックス」「家庭用脱毛器(引き抜くタイプ)」など

結論から言うと、どの方法で脱毛を行っても肌トラブルが起こる可能性はあります。

大切なことは、事前にリスクについて知っておくことです。

リスクを知っておくことで、もし肌トラブルが起きたとしても、必要以上に不安な気持ちにならず、適切な治療やアフターケアを行うことができます。

また、脱毛のリスクを知っておけば、お肌が弱い方や敏感な方は、

「私の場合はどうなんだろう?」

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに相談することができます。

次に「医療レーザー脱毛」「光脱毛」で起こりやすい肌トラブルと対処方法をご紹介します。

医療脱毛・光脱毛で起こる「施術後の赤み」

「医療レーザー脱毛」「光脱毛」では、黒い色素(メラニン色素)に反応する特殊な「レーザー」「光」を毛根に照射し、熱を発生させます。

この熱で、ムダ毛のもととなる細胞にダメージを与え脱毛を進めていきます。

脱毛の施術の際に、毛根に発生した熱で、お肌も多少のダメージを受けます。

脱毛のイメージ

施術後のお肌は、軽いやけどをした状態になり、赤み・ヒリヒリ感が現れることがあります。

軽い赤みやヒリヒリ感は、通常の反応なので、数時間から2日程度で治まります。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、やけどが起きてしまうことは、まずありません。

しかし、やけどのリスクはゼロではありません。

例えば、次のような場合、やけどが起きてしまう可能性があります。

やけどのリスク

  • ほくろ部分などを隠さずに光・レーザーを照射
  • 必要以上に強い出力で光・レーザーを照射
  • 肌の荒れている方が、施術を受けた場合
  • その他、肌のコンディションがよくない場合

万が一、赤み・ヒリヒリ感が3日以上治まらない場合、やけどを起こしている可能性があります。

そういった場合は、すぐにサロン・クリニックに電話し、必要であれば病院で治療を受けましょう。

また、やけどを起こしていることにあとから気づいた場合、可能な限り早いタイミングで電話をし、治療を受けましょう。

赤み・ヒリヒリ感・やけどに対しては「少しでもおかしければサロン・クリニックに電話する」で、リスクを減らすことができます。

医療脱毛・光脱毛・毛抜きで起こる「毛嚢炎(もうのうえん)」

皮膚の表面や毛根周辺には、常在菌とよばれる細菌が多数存在しています。

「毛嚢炎」は、施術時に毛根周辺に傷がつき、常在菌に感染することで炎症が起こります。

特に、皮脂分泌が多い顔で起こりやすく、ニキビに似た症状があらわれます。

脱毛部位に「ニキビのようなもの」がたくさんできた場合は毛嚢炎の可能性があります。

軽い物なら2〜3日で自然に治るので、心配の必要はありません。

しかし、炎症が悪化したり、つぶしたりするとニキビ痕のように残ってしまうことがあるので注意が必要。

炎症がひどくなりそうな場合や、不安を感じたときは、施術を受けた「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」に電話で相談しましょう。

医療クリニックの場合は、施術を受けたクリニックで治療を受けられ、ほとんどの場合、治療費・薬代はかかりません。

また、脱毛サロンの場合は、提携クリニックでの治療になります。

脱毛サロンによっては、「ドクターサポート」を用意しているところもあり「病院への同伴」「交通費・治療費・薬代の負担」をしてくれます。

これから脱毛を始める方は、毛嚢炎がニキビ跡のようになってしまうリスクを減らすために、治療費・薬代が無料の医療脱毛クリニックか、「ドクターサポート」のある脱毛サロンを選びましょう。

肌トラブル時にサポートのあるクリニック

肌トラブルのリスクに備えて、サポートのあるクリニックを選ぶと安心です。

クリニック サポート内容 料金
(全身5回
・総額)

エミナルクリニック

  • 「初診・再診料」無料
  • 「テスト照射料」無料
  • 「各種処置料」無料
  • 「アフターケアクリーム」無料
  • 「肌トラブルの治療費」無料
159,000円
(税抜)

アリシアクリニック

  • 「初診・再診料」無料
  • 「テスト照射」無料
  • 「お薬代」無料
158,400円
(4回・税別)

レジーナクリニック

  • 「初診・再診料」無料
  • 「テスト照射」無料
  • 「処置料金」無料
  • 「アフターケアクリーム」無料
  • 「治療薬」無料
  • 「肌トラブル時の追加照射」無料
189,000円
(税別)

リゼクリニック

  • 「初診・再診料・処置料」無料
  • 「肌トラブルの治療代・お薬代」無料
248,000円
(税別)

フレイアクリニック

  • 「初診料・再診料」無料
  • 「テスト照射」無料
  • 「アフターケアクリーム」無料
  • 「治療薬」無料
  • 「処置料金」無料
158,000円
(税別)

肌トラブル時にサポートのある脱毛サロン

「医療機関との提携」「ドクターサポート」を、行っている脱毛サロンは、次の通りです。

医療脱毛・光脱毛で起こる硬毛化・多毛化

お肌のトラブルではありませんが、「医療レーザー脱毛」「光脱毛」では「硬毛化」「多毛化」のリスクがあります。

「硬毛化」「多毛化」は、次のようなものです。

「硬毛化」「多毛化」とは?

  • 硬毛化
    毛が硬く太くなる
  • 多毛化
    毛が増える

「硬毛化」「多毛化」は、背中や二の腕など、毛が細い部位で症状が起こりやすいと言われています。

硬毛化・多毛化の原因はわかっていません「レーザーや光の刺激で細胞が活性化する」ことが原因なのではないかと考えられています。

「硬毛化」「多毛化」が起こったとしても、脱毛を続けていけば自然に解消されていきます。

自己処理により起こる肌トラブルの危険性は?

自己処理により起こる肌トラブルの危険性は?

光脱毛・医療脱毛でムダ毛処理から卒業した方も多くなってきましたが、まだまだ「ムダ毛の自己処理」を行っている方が多数派です。

脱毛を終えた方も、脱毛未経験者も、「カミソリ」「毛抜き」「家庭用脱毛器」を使ったムダ毛処理をしたことがあるのではないでしょうか。

ムダ毛の自己処理は、最も費用がかからず手軽ですが、最も肌トラブルのリスクが高いムダ毛処理の方法です。

次に、自己処理による肌トラブルのリスクについて解説します。

カミソリ・毛抜きによる肌トラブルは?

カミソリや毛抜きによる除毛は、肌に大きな負担がかかります。

例えば、カミソリを使ってムダ毛を剃ると、同時にお肌の角質も削ってしまいます。

お肌の角質を削れば、外からのダメージを受けやすくなったり、保湿効果も落ちたりするため、お肌は荒れます。

また、毛抜きを使った脱毛は、健康な毛を強引に引き抜くことになり、毛穴に雑菌が入り込むリスクにつながります。

カミソリ・毛抜きによる自己処理で起こる肌トラブルには、次のようなものがあります。

自己処理で起こる肌トラブル

  • 炎症
    →肌表面が熱を帯びて赤くなる
    ヒリヒリと痛痒くなる
  • 毛穴が目立つようになる
    →ボツボツと鳥肌のようになる
    毛穴周辺が黒ずむ
  • 埋没毛
    毛が皮膚の中に埋まったまま成長してしまう
    肌の下のムダ毛が透けて見える

■埋没毛のイメージ

また、自己処理を繰り返した結果「色素沈着(黒ずみ・赤み)※」といった肌トラブルに発展するリスクがあります。
※皮膚が変色したままの状態になること

家庭用脱毛器による肌トラブルは?

家庭用脱毛器にも様々な種類があります。

家庭用脱毛器の主な種類は、脱毛方法によって次の3タイプに分けられます。

3タイプの家庭用脱毛器

  1. ローラーでムダ毛を引き抜くタイプ
  2. レーザー脱毛器
  3. 光脱毛器

「ローラーでムダ毛を引き抜くタイプ」の家庭用脱毛器は、ムダ毛をローラーで挟んで一気に引き抜きます。

そのため、肌へのダメージが大きく、「毛嚢炎」「埋没」「色素沈着」などの肌トラブルを起こすリスクがもっとも高いムダ毛処理の方法です。

「家庭用光脱毛器」は、家庭で安全に使えるように、脱毛サロンの脱毛機より、光の出力は落としてあります。

また、同じように「家庭用レーザー脱毛機」も、家庭で安全に使えるように、医療脱毛クリニックのものより、レーザーの出力は落としてあります。

「家庭用光脱毛器」「家庭用レーザー脱毛機」は、安全に使えるように設計されているとはいえ、処理する際の出力や処理間隔などは自己判断となります。

説明書に記載のないような強引な使い方をすれば、やけどなどの肌トラブルが起きるリスクが高まります。

例えば、脱毛部位を冷やさずに照射したり、毎日照射を繰り返したりすることはNGです。

医療脱毛クリニック・脱毛サロンの方が自己処理よりも低リスク

医療脱毛クリニック・脱毛サロンの方が自己処理よりも低リスク

「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」の脱毛は、肌に特殊なレーザーや光をあてて熱を発生させ、ムダ毛のもととなる細胞にダメージを与えます。

そのため、肌トラブルのリスクがない、ということはありません。

しかし、自己処理と比べると肌への負担は少なく、トラブルも起こりにくいことは、明らかです。

これは、自己処理を繰り返している方の肌と、脱毛を完了させた方の肌を見比べれば、すぐに分かります。

美しいお肌を手に入れるには、自己処理をやめ、医療レーザー脱毛や光脱毛に挑戦することが近道です。

自己処理と医療脱毛クリニック・脱毛サロンのリスクを比較

自己処理と医療脱毛クリニック・脱毛サロンのリスクを比較

ムダ毛の自己処理によるリスクと、「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」のリスクを比較し、まとめました。

自己処理 サロン・クリニック
価格 500円 全身5回15万円
赤み 慢性的な色素沈着 施術後、数日で治る
埋没毛 引き抜いた場合、起きやすい 起こらない
毛嚢炎 引き抜いた場合、起きやすい 施術後起きやすいが、2~3日で治る
硬毛化 起きない 起こる場合があるが、施術を続けると解消する
多毛化 起きない 起こる場合があるが、施術を続けると解消する

自己処理は、かかる費用が少なく手軽ですが、肌トラブルのリスクが高いムダ毛処理の方法です。

さらに、処理をしてもすぐにムダ毛が復活するため、短い期間で何度も処理する必要があります。

そして、短期間に自己処理を繰り返すことで、「毛嚢炎」「埋没毛」「色素沈着」などの肌トラブルを起こすリスクは高まります。

脱毛サロンの光脱毛や、医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、施術時にお肌にダメージを与えます。

しかし、それは一時的なもので、慢性的な肌トラブルを起こす原因にはなりません。

医療脱毛クリニック・脱毛サロンは肌トラブルのリスクが低い

医療脱毛クリニック・脱毛サロンは肌トラブルのリスクが低い

「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」は、脱毛を専門に扱う場所で、施術者も脱毛のプロです。

お肌や毛の状態を見て適切な判断をし施術を行います。

さらに、施術者は、脱毛によるダメージを軽減するための保湿やクールダウンといったアフターケアを怠ることはありません。

もちろん、施術者がどれほど優秀で、判断や処置が的確でも、肌トラブルのリスクはゼロではありません。

しかし、万が一の肌トラブルが起こってしまった場合でも「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」なら、正しい処置を受けられるため安心です。

一方、自己処理の場合、肌トラブルが起きるリスクが高い上に、判断や処置を自分自身でしなければいけません。

「安心・安全に美しいお肌を手に入れたい」「ムダ毛処理から解放されたい」なら、自己処理よりも「医療脱毛クリニック」「脱毛サロン」での脱毛を検討しましょう。

医療脱毛・光脱毛にリスクってあるの?自己処理の肌トラブルは脱毛で解決! まとめ

医療脱毛・光脱毛にリスクってあるの?自己処理の肌トラブルは脱毛で解決! まとめ

この記事では「医療脱毛」「脱毛サロン」「自己処理」についてのリスクをまとめました。

自己処理は費用がかからず、手軽なのですが、慢性的な肌トラブルを引き起こします。

例えば、「黒ずみ」「カミソリ負け」などで、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

こういった、肌トラブルは全て「医療脱毛」「光脱毛」で、解消できます。

「医療脱毛」「光脱毛」は、お金と時間がかかるデメリットはありますが、リスクの少ない脱毛方法です。

「医療脱毛」「脱毛サロン」「自己処理」、それぞれのリスクを考えつつ「医療脱毛」「光脱毛」に挑戦するか、検討してみてくださいね。

脱毛サロンに興味がある方は、こちらの記事をどうぞ!

医療脱毛に興味がある方は、こちらの記事をどうぞ!